植田金属キャッチコピー

兵庫県姫路市を中心に当社は、1952年(昭和27年)国鉄関係一般機械加工メーカーとして、創業以来、お客様のご要望を確実に応え、時代の先端技術を吸収しつつ、独自の固有技術を高める一方、加工分野を溶接、機械加工、組立と徐々に幅を拡げ、現在は素材から完成品までの一貫した金属加工事業を展開しております。

植田金属工業株式会社

企業情報

企業情報

トップページ  企業情報

ごあいさつ

人類の英知はさまざまな進化をもたらし、私たちの暮しをより快適な方向へと導いています。ことに、産業社会における技術イノベーションは目覚ましく、現代文化の礎を築いてきたといっても過言ではないでしょう。こうした豊かさへの進化は、大量生産時代から多品種少量へと価値観の多様化を図り、さらなる高精度、短リードタイムの要求を生み出しました。弊社、植田金属工業株式会社におきましても、そうした時代の要求に応えるべく、いち早く合理化体制を整え、製缶、溶接・機械加工・塗装・組立一貫体制の推進に力を注ぎ、短納期、コストダウンの実現に努力してまいりました。そして常に技術と発想のシンクロナイズを第一に、あらゆる産業分野の技術領域に進出。先進設備の積極的な導入、独自の開発能力でユーザー各位より大きな評価をいただいております。今後も信頼の製品をお届けすることはもちろんのこと、ソフト面からも技術応用力を高めユーザーのよきパートナーとして弊社の能力をお役立ていただくことをその願いといたしております。ますます高度化する産業技術の世界にあって、植田金属工業は今後とも信頼の技術と広範囲にわたる技術領域でそのポジショニングを確立し、また先端産業を支えてゆくことをその使命に発展、成長を続けてまいります。何卒、今後とも変わらぬご支援、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役  植 田 照 二

会社概要

社 名
植田金属工業株式会社
代 表
代表取締役 植田照二
創 業
昭和27年2月
設 立
昭和38年4月
資本金
1,200万円
住 所
〒671-0232
兵庫県姫路市御国野町御着261番地の1 姫路工業団地内
TEL.079-252-0577 FAX.079-253-0516
 
工場面積
3,813.30m²
従業員
25名
事業内容
建設機械部品の製造(ホイル・ローダ・コンクリート舗装機械など)
エスカレーター部品・転てつ減摩器・産業用ロボット周辺装置部品製造
各種製缶・溶接・機械加工・仕上・組立・塗装一式
設 備
(1)MC横中ぐり盤  (2)マシニングセンター  (3)NC旋盤
(4)NCフライス   (5)平面研削盤      (6)ブレーキプレス
(7)製缶プレス    (8)パイプベンダー    (9)溶接ロボット
主な取引先
(株)KCM     東芝エレベータープロダクツ(株)
(株)てつでん   川重商事(株)
主な取引銀行
阿波銀行 姫路支店  みなと銀行 御着支店  姫路信用金庫 御着支店

沿革

昭和27年2月
姫路市豊沢町において、植田産業社として
国鉄関係・一般機械加工仕上及び修繕を目的に創業。
昭和33年2月
植田金属工作所と改名 し、鉄骨及び製缶・天井走行クレーンも併せて製作。
昭和38年4月
植田金属工業(株)設立。資本金300万円。
昭和39年6月
事業拡大のため、姫路市御国野町御着姫路工業団地内に新工場を建設して移転。
昭和46年10月
500万円を増資
昭和50年10月
400万増資、資本金1,200万円となる
昭和63年4月
植田照二、代表取締役 社長に就任
平成1年11月
大型MC横中ぐり盤導入
平成6年10月
安川 溶接ロボット導入
平成23年2月
大型NC旋盤LB45Ⅱ導入

企業理念

経営理念